Fairlady Z
Interior/Exterior/Other
内装・外装・その他


アフターパーツ・自作パーツ・その他の紹介
付けて良かった物から、「なんだこりゃパーツ」など色々あります。

画像をクリックすると拡大図が見れます。(一部除く)

コックピット廻り
左の赤いメーターはPivotのブースト計で、右が水温・油温デュアル計。純正メーターの視野性を殺すことなく、配置してます。また、配線・ホースも露出部を最小限にして取り付けました。デュアル計の切替えスイッチはワイパーレバー下に取り付け。

ステアリングはZ32純正流用(本皮巻)。ボスは必要なく直付けです。但し、ウインカーレバーが気持ち遠のくのと、装着には若干の加工が必要になる。
エアロ系
ボンネットダクトはST185セリカ純正流用です。タービンブローの経験が2度あるので、少しでもタービン廻りの熱対策にと思い装着。効果の程はわかりません。

サイドステップは300ZX純正を装着。かなり強引に付けました。塗装も缶ペなので仕上がりはテキトーです。
フロントはTBOを入れてます。
電子機器
コックピット廻りスッキリ派の私は、デジタルメーターを灰皿部に埋め込み。最高速、タイムアタック(0→100m・200m・400m)などのた機能もついてます。
オーディオは基本的にほとんど聞かないので、安いのをぶっ込んでいます。社外用オーディオパネルが欠品なので試行錯誤で見れる形に。センターコンソールにはターボタイマーを埋め込み。
トランクルーム・リヤまわり
純正スペアタイヤのスペースは工具・部品入れにしました。パンク修理セット/空気入れ/クーラント/プラグ/パワトラ/IGコイル/エアフロ/その他・・・。走行中ガタガタぶれないようにマットで保護しています。

リヤガラスにはシルバーのフィルムを貼り付け、ルーフのミラートップに合わせました。リヤスポは他車純正流用。リヤワイパーは外しました。どうせ雨の日は乗らないですから・・・。
エンジンルーム
ブローオフはメーカー問わずなんでも良かったんだけど、新品で手に入るのが当時はコレしかなかった。個人的にはデザイン・音ともに気に入らないのだが、性能は良いので◎。
タワーバーはクスコオーバルタイプ。

右写真は抜け気味のボンネットダンパーを利用したエンジントルクダンパーです。シフトの入りが良くなり、高回転時の振動も格段に抑える事が出来ました。¥500で効果アリです。
レア物
サンバイザーのサインは、片山豊先生直筆の物です。ア○ティメイトに来ていた時頂きました。家宝です。助手席のミラー付きサンバイザーはZ32純正流用です。少加工でポン付けできます。

ピストンはトラブルで入院した時に、Shopのメカニックさんに「傷だらけです。」と言われました。ある意味非常に「レア物」です。何で傷だらけになったのかは謎です・・・・結局RB23は3年8ヶ月、38000kmと短命でした。


アフターパーツの取り付けは出来るだけ自分でやっています。
通販や、ガレージセール、オークションなどで安く購入。急がず、焦らず、時間をかけてコツコツやってます。
「工賃浮かせて維持費にまわせ!」
旧車乗りの鉄則です。


Back